株と税金 株取り引きをしてる人は、利益をあげるはずですが、この儲かったお金には、税金が掛かってきます。税金がかかるとうことは、株取り引きの利益は課税対象であるということです。税金は必ず納めることが義務付けられていますので、税金を支払わないということは違反です。税金が掛かってくるのは株の投資に限った事ではなく、収入を得た、所得にはすべて税金がかかる事になりますね。実際には銀行に貯金をしていて利息が付きますが、この利息も所得に当たりますから、20%税金がかかることになっています。株の投資もそのほかの投資で得た利益も、すべて税金がかかってきます。 株の値段が上がった場合の利益に関しては、特別課税措置が取られており、現在は10%という事になっていますが、いつもは20%課税されることになっています。この特別措置は、二〇一〇年の12月31日までなので、覚えておいて下さい。 株の値上がりに限った事ではなく、株の配当で利益を得た場合でも、特別課税の10%がかかり、こちらも普通は20%です。課税の特別措置の場合には、かかってくる税金は、普段の半分になっていますから、もしもこれから株を開始しようと思っている人は、税金が半額の間に練習しておくといいでしょうね。 税金が株取引でかかってくるのは、利益が出たときだけですから、利益が出ていないと言う方の場合は、税金はかからないので、安心なさって下さいね。税金の決済の方法としては、特定口座の源泉徴収ありを設定している方は、証券会社が手続きをして支払ってくれているはずですー